PT Maihamaが加盟しました!

お知らせが遅くなりましたが・・・昨年末、PT Maihama(ピックルボールチームまいはま)が加盟団体となりました。8月の体験会開催後すぐにチームを立ち上げ、お子さんと大人それぞれが楽しく練習ができる環境づくりを目指しているそうです。コロナ後のことも見据えながら、前向きに活動を展開されていっているのは素晴らしいですね。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

PT Maihama(ピックルボールチームまいはま)

資格講習会延期のお知らせ

1/16(土)に開催を予定しておりましたコーディネーター資格講習会ですが、緊急事態宣言が7日にも出されるという状況であることから、残念ながら延期とさせていただきます。
いつどこで感染をするか分からないという不安を抱えながら、参加していただくよりも、安心して参加していただける時期を待った方が良いと思いますし、まずは感染のリスクを避けることが第一と考えました。
参加を予定をしてくださっていた皆様、状況が好転しましたら、なるべく早く開催できるよう企画をし、ご案内します。それまで暫しお待ちくださいますようお願い致します。

USAPA2021ルールの変更点について

2021年版USAPAのルールは125項目もの変更点があります。英語の表記についての変更もありますし、障害のある方もピックルボールを楽しむことができるようにとたくさんの項目が追加されました。

ここではピックルボールを楽しむ皆さん全員に知っておいていただきたい項目を絞ってお伝えしたいと思います。もっと詳しく知りたいという方はUSAPAルールブック(原文)をご覧ください

尚、既に今回のルール変更の中で一番話題になっていると思われるドロップサーブは、あくまでも2021年の暫定ルールです。


今回のルール変更の目的は、

「プレーヤーがより簡単により楽しく、審判がジャッジしやすいように」、

「オリンピック正式種目へ向けてルールを整えていく」ことです。

主なルール改正

・サービスレットは廃止

現行   サービスがネットにあたってからのゾーンに入った場合、同じカウントのままサーブをやり直す。

新ルール サービスがネットにあたってから規定のゾーンに入った場合、そのままプレーを続行する。

*サービスがネットにあたってから規定のゾーンに入らなかった場合は現行同様フォルトとなります。

*規定のゾーンとは、ノンボレーラインを超えた対角線上のエリアです。

*現行のままだと、サーブがネットにあたったかどうかを審判が判断することが難しいこと、プレーヤーの意見が分かれることを軽減するための改定です。

 

・コールのタイミング

現行   サービスの動作をする前にコールする。

新ルール パドルでボールをヒットする前までに完全にコールをする。

*どこからどこまでがサービスの動作なのか明確ではないため。

 

・ドロップサーブの導入

新ルール ボールを持ち手のひらを下に向け、ボールを落とし、床又は地面にバウンドしてからヒットする。

*障害者や初心者の方が少しでも打ちやすいようにした。

*腰より下でヒットしているか等の微妙な審判の判断が要らなくなった。

【注意事項】

・足はどちらかが床又は地面についていること。

・ボールはコート内にバウンドさせてもよいが、足はコート外にあること。

・ボールトスは地面にボールを叩きつけること、上方に投げることも禁止である。

・ドロップサーブ、現行通りのサーブのどちらの打ち方をしても、ゲーム途中で変更しても良い。

お申込み、締め切ります。

1/16(土)コーディネーター資格講習会へのお申込みは、定員になりましたので締め切らせていただきました。申し込んでいただいた皆様、ありがとうございます。

参加してみたいと興味をお持ちの皆様、是非お問合せください。

こんな状況ではありますので、様子を見ながら、にはなりますが、できるだけご希望に沿うことができるようにしていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

第二回コーディネーター資格講習会を開催しました!

第2回のコーディネーター資格講習会を東京都町田市でおこないました。
ヨコハママチダピックルズ紙谷さんのお声かけで、世田谷、杉並、大和、つくし野で活動する各チームの代表の方が参加してくださいました。
70人を超える登録者を抱える、つまりはそれ以上の体験者を受け入れてきたヨコハママチダの皆さんを始め、既に体験者の指導を経験してきた方もたくさんいらっしゃいました。そういう方たちからも、ボールに慣れてもらうところから、ゲームを楽しんでもらうところまでをカリキュラム化した今回の内容に、改めて確認できて良かったとの声をいただきました。
コーチ役と体験者役に分かれて打ち合う場面では、ついつい攻撃的なラリーになり、「そんなボールを体験者に打ったら、次から来てくれませんよ!」という声が飛んだり、体験者役のために敢えて利き手ではない手でやってみたりと和気藹々とした雰囲気の中、3時間の実技講習を終え、終了となりました。
講師を務めたJPAの小川(八王子)を含めて6チームのメンバーが揃い、東京神奈川のピックルボールを今後益々盛り上げていこう!という発起集会のような機会にもなりました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
次回1月16日(土)八王子で第3回を開催いたします。
+7件
0
リーチした人数
0
エンゲージメント数
投稿を宣伝
いいね!

コメントする
シェア

レイムテニスセンターでピックルボール始まるそうです!

埼玉県川口市のレイムテニスセンターで、1月から「レイム・ピックルボール・マンデー」が始まり、1月18日(月)にはダニエル・ムーアさんのスペシャルレッスンや体験会が行われるそうです。
今年、残念ながら開催が中止になったJapanOpenの会場となっていたレイムテニスセンターです!いよいよ本格始動となりますね。
埼玉県での定期的な練習場所を求めていた皆さん、是非ご参加ください。東京からも近いです!
写真の説明はありません。

コーディネーター資格講習会(東京)開催いたします

岡山県津山市、神奈川県横浜市に続き、東京都八王子市で1月16日(土)に、 「コーディネーター資格講習会」を 開催致します。
コーディネーターの役割は、チームに体験に来た方に、ピックルボールについての知識や技術をお伝えするというものです
これまで既に皆さんもやってこられていると思いますが、どんな風に初心者の方に教えたら良いかわからない、何をどう伝えたら良いかわからないという声にお応えして作った資格になります。
ピックルボールの楽しさを、より多くの人に伝えたい!と思ってくださっている方の参加をお待ちしております。
日時:2021年1月16日(土)11時15分〜16時
スケジュール:
11時〜 受付開始
11時15分〜 講義
12時15分〜 休憩
13時〜 実技講習
16時  終了(資格証明書をお渡しします。)
(17時 退出)
会場:八王子市立由木東市民センター(東京都八王子市鹿島 111-1)http://www.hachiojibunka.or.jp/center/eyugi/
   アクセス 京王相模原線・小田急多摩線「多摩センター」駅からバスにて「大塚橋」バス停下車 徒歩1分
        多摩都市モノレール「大塚・帝京大学」「松が谷」駅下車 徒歩8分
定員:12名(先着順)
参加費:7000円(JPA加盟団体の役員の方は半額となります。)
申込方法:右のフォームより https://forms.gle/heyPapAs5Bew4ndN7
ご不明な点がありましたらお問合せください。
尚、12月開催の横浜での講習会は、加盟団体であるヨコハママチダピックルズさんからのご依頼で開催が決まりました。
ある程度の人数(12名程度)が集まり、会場(会議室、体育館など) の確保が可能の場合は、ご依頼ください。日時などを
ご相談の上、お受けします。また、加盟団体の役員の皆様は参加費が半額となりますので、加盟をお考えの団体の皆様は
合わせてご検討ください。
参加費のお振込みについては、お申込み確定後、メールにてご案内します。

コーディネーター資格講習会 開催しました!

10月31日(土)岡山県津山市で初めてのコーディネーター資格講習会をおこない、20代の学生さんから60代まで幅広い年齢の方に参加をしていただきました。

このコーディネーター資格講習会は、皆さんのチームに初めてピックルボールを体験する方がいらした時、どのようにピックルボールのことを伝えたら良いか、具体的にはどのように指導をしたら良いかを学んでいただく内容となっています。

一時間の講習では、ピックルボールについての知識や、日本が常任理事国として参加しているアジアピックルボール連盟(AFP)での活動について、体験会などをおこなう時に注意しておきたいこと、などをお伝えしました。

 

  

 

その後の実技講習では、基本的なパドルの握り方から、ゲームをおこなうまでの過程をどのように行っていくと良いのかを、講師の経験を踏まえながらお伝えし、実際に皆さんにも「教える側」「教わる側」を交代でやっていただきました。

「いいですね、ナイスショット!」と言うだけではなく、具体的に、何がどうなっているから上手くいかないのか、ナイスショットの時にも何が良かったからナイスショットになったのかを相手にアドバイスすること、その後の変化についても必ず伝えることを、講師陣がコートを回りながら助言していきました。

 

  

 

会場となった津山市でコロナ感染症が広まってきているということから、検温や手が触れる場所の消毒、手指の消毒、換気などは念入りに行い、今後もそれぞれが自分の健康チェックをしっかりとおこなっていくようお願いをしました。

参加された皆さんからは「普段、初めての方に説明する時にどんな風に言ったらいいんだろう?と困っていたこともあったので、今日は具体的なお話を聞くことができて良かったです。すぐに実践していけそうです。」という声が多くあがっていました。講師の「私は普段こんな風な話もしています。」「ここでちょっと褒めてみると皆さんのってくれます!」といった経験談の時も皆さんが熱心にメモを取ってくださっていました。

 

  

 

今回は日程が合わずに参加できなかった方、コロナの関係で参加を見送った方が大勢いらっしゃいました。また次回必ず津山での第二回講習会を開催したいと考えています。

そして・・・今後も各地で開催を予定しております。日程が決まり次第お伝えします。

また、お住いの地域で開催をして欲しいというご要望にも、一定の人数の開催が見込めればお応えしていきますので、是非お問合せください。

ヨコハママチダピックルズと岡山県ピックルボール協会が加盟しました!

東京都町田市、神奈川県横浜市で活動をおこなっているヨコハママチダピックルズと、岡山県の岡山県ピックルボール協会が加盟団体として本日登録となりました。

ここ数年で参加メンバーを確実に増やし、組織力、運営力ともに他の団体のお手本になると思います。日本ピックルボール協会としては、2団体と日本のピックルボール界の発展のために一緒に活動していけることは大変心強いです。これからどうぞ宜しくお願い致します。

加盟団体への登録をお考えの皆様は是非早めの登録をお願い致します。

 

ヨコハママチダピックルズのHPです。

https://sites.google.com/view/yokomachipickles