コーディネーター資格講習会 開催しました!

10月31日(土)岡山県津山市で初めてのコーディネーター資格講習会をおこない、20代の学生さんから60代まで幅広い年齢の方に参加をしていただきました。

このコーディネーター資格講習会は、皆さんのチームに初めてピックルボールを体験する方がいらした時、どのようにピックルボールのことを伝えたら良いか、具体的にはどのように指導をしたら良いかを学んでいただく内容となっています。

一時間の講習では、ピックルボールについての知識や、日本が常任理事国として参加しているアジアピックルボール連盟(AFP)での活動について、体験会などをおこなう時に注意しておきたいこと、などをお伝えしました。

 

  

 

その後の実技講習では、基本的なパドルの握り方から、ゲームをおこなうまでの過程をどのように行っていくと良いのかを、講師の経験を踏まえながらお伝えし、実際に皆さんにも「教える側」「教わる側」を交代でやっていただきました。

「いいですね、ナイスショット!」と言うだけではなく、具体的に、何がどうなっているから上手くいかないのか、ナイスショットの時にも何が良かったからナイスショットになったのかを相手にアドバイスすること、その後の変化についても必ず伝えることを、講師陣がコートを回りながら助言していきました。

 

  

 

会場となった津山市でコロナ感染症が広まってきているということから、検温や手が触れる場所の消毒、手指の消毒、換気などは念入りに行い、今後もそれぞれが自分の健康チェックをしっかりとおこなっていくようお願いをしました。

参加された皆さんからは「普段、初めての方に説明する時にどんな風に言ったらいいんだろう?と困っていたこともあったので、今日は具体的なお話を聞くことができて良かったです。すぐに実践していけそうです。」という声が多くあがっていました。講師の「私は普段こんな風な話もしています。」「ここでちょっと褒めてみると皆さんのってくれます!」といった経験談の時も皆さんが熱心にメモを取ってくださっていました。

 

  

 

今回は日程が合わずに参加できなかった方、コロナの関係で参加を見送った方が大勢いらっしゃいました。また次回必ず津山での第二回講習会を開催したいと考えています。

そして・・・今後も各地で開催を予定しております。日程が決まり次第お伝えします。

また、お住いの地域で開催をして欲しいというご要望にも、一定の人数の開催が見込めればお応えしていきますので、是非お問合せください。